緑のカプセルと木のスプーン

高血圧治療において用いられる医薬品としてよく知られているものにノルバスクとアダラートがあります。
ノルバスクは高血圧治療の第一選択薬と言われていますが、同じような高血圧の症状であってもかかった医療機関や医師によってノルバスクを処方される場合もあれば、アダラートが処方される場合もあり、転院した際などに切り替えが行われる場合もあります。
これらはいずれも高血圧患者の血圧管理に用いられるカルシウム拮抗薬に分類される降圧剤であるということは、インターネットなどを用いて医薬品情報を集めると容易に判断することができるでしょう。
多様な作用メカニズムの降圧剤が存在している中で、同じメカニズムでありながらよく用いられているこれらの降圧剤には見た目にはそれほど大きな違いはありません。
しかし、その持続的な降圧作用を示すメカニズムに違いがあります。
ノルバスクもアダラートも一日一回の経口服用で血圧を維持することができるということが有用性の高いポイントです。
その薬物動態の違いが両者の最も大きな違いです。
ノルバスクの場合には代謝されるのが遅いため、その血中濃度が長く維持されるという特徴があります。
一方、アダラートの場合には代謝が比較的速いため、そのまま投与してしまうと血中濃度を維持して持続的な降圧作用を示すことができません
しかし、製剤側に工夫を行い、徐々に有効成分が放出される徐放性製剤が開発されたことによって、服用すると長い時間にわたって少しずつ有効成分が血液中に入れるということができるようになりました。
これによって持続的な降圧作用を示すことができるようになっています。
こういった形で、持続的な作用を示す原因が薬の有効成分そのものにあるか、製剤側にあるかがノルバスクとアダラートの違いとなっています。

記事一覧
試してガッテンでタオルで高血圧対策とノルバスク

高血圧症との診断をされた現代人は、かなり多いです。 いまや、国民病と言ってもいいほどでしょう。 もともと、塩分 […]

2019年08月19日
ノルバスクと家族の支えと研究会

人間の血圧は、ほんの少しの動作でも上昇します。 安静にしている状態の血圧が、正常値よりも高い状態を、高血圧と言 […]

2019年07月30日
ノルバスクと一緒には食べれない物があるって本当?

高血圧症とは収縮期血圧/拡張期血圧が140/90mmHg以上の状態をいいます。 高血圧症は様々な要因によって発 […]

2019年06月02日
ノルバスクは病院に行かなくてもGETできる?

ノルバスクは高血圧や狭心症の治療に用いられる飲み薬で、カルシウム拮抗薬に分類される医薬品です。 処方箋医薬品な […]

2019年06月15日
高血圧治療にノルバスクと食事療法のキムチやフルーツ

日本において大きく問題となっているのが高血圧患者の増加です。 成人のおよそ4割程度が高血圧になっているという概 […]

2019年06月30日